撮影したり...

GW、皆様はどのようにお過ごしでしたか?

天気が不安定な日もありましたが、それほど影響なくお出かけ日和だったのではないでしょうか。

個人的には、いつもながら益子の陶器市に参戦し、気に入った器を持ち帰ることができました^^

連休も終わり、気持ちを切り替えてがんばります!

 

さて、家守でも気持ちの切り替えといいましょうか...新しいことを始めようと、OB様の暮らしを撮影させていただいたり、家づくりの想いを改めて話してみたり...

機械的でなく事務的でない、人の手の温かさを多くの人に伝えられるよう準備をしています。

 

「家守が大切にしたいこと」と、その想いを込めた家づくり。

「お客様が大切にしたいこと」と、その想いの詰まった家づくり。

 

足して割って、ちょうど良く。

住まう人にとって幸せを感じる一番の場所となるような家づくりをしていきたいと思います。

 

そんな想いが、たくさんの方に届きますように...coming soon

 

 

 

 

 

 


家と庭と。

「芽」が出てきました!

 

我が家のシンボルツリー「シマトネリコ」

常緑〜半常緑樹らしいのですが、うちでは毎年すべての葉が落ちます。

そして、いつの間にかまた青々と葉が茂る。

 

でも今年は冬が寒すぎたのか、例年のように芽吹く様子がなく、もしかしたら枯れてしまったのでは...とガッカリしていました。
しかし、ここ数日でやっと小さな芽が出てきました!
モリモリと元気に!と言う感じではないのですが、少しずつ少しずつ芽吹いてきました。
  
シマトネリコは、もともと暖地が原産なので寒さにやや弱く、マイナス5℃くらいなら越冬できるとのこと。
マイナス5℃...栃木県、微妙ですねぇ...
毎日眺めては枯れ枝のようになったところに寂しくクモの巣ばかりで諦めていたので、新芽を見つけた時はうれしかったです!
ずっとアパート暮らしでしたし、植物を身近に感じることがそんなになかったので、植物の芽吹きに喜びを感じるなんて今まであまり感じたことがない不思議な感覚でした。
   
もうダメだろうと思っていたものでも根元や枝から芽吹きだす。
植物の生きる力ってすごいですね。
その生命力の強さに私もパワーをもらったような気がしました。
雑草・虫との戦いも始まりましたが、寂しかった庭が色づき始め、外にいる時間が増えました。
四季を通して庭を楽しむ。一番好きな季節は秋だったけれど、庭を持ったら春も好きになりました^^
年々、愛着が沸く庭の草木。
植物それぞれの特性を考え、管理していけるようにコツコツと勉強しようと思います!
   
家と庭と。
愛着を持ちながら穏やかな暮らしを続けていきたいです。

花咲いた!

 

ジューンベリーの花が咲いてきました!

去年は、もっと花もモリモリと咲いて葉っぱも少しあったような気もしますが...

 

今年の冬が寒かったせいなのか、原因はわからずですが、元気だった庭木が枯れてしまったのか芽吹かずというものが何本かあります。

栃木県は耐寒性の判断が少し難しい土地かもしれませんね。

 

そんな中でもジューンベリーは寒さに強く、元々葉が完全に展葉する前に花を咲かせるようなので、花は少なくともまあまあ元気に育ってるのだと思います。

花が終わり葉が青々とし、初夏の頃には小さい赤い実がたわわに実ります!

実のなる木には、鳥や虫も集まってきますが、個人的に実がなる木が好きです。

結実して、だんだんと大きくなって色づく様子を見るのが楽しみの一つです^^

 

ジューンベリーと言う名前は「6月になる果実」を意味するそうで、秋の紅葉や美しい樹形、成長も遅めなので昨今、庭木として人気だそうです。

生食やジャムに加工もできるとのこと。今年はチャンレンジしてみようかな。


いろいろな始まり

おはようございます。

すっきりとした青空が広がっていますが、冷たい風が吹いていますね。
 
今日から学校が始まるところが多いのではないでしょうか。
週末の雨風で、桜もすっかり散ってしまいました...
宇都宮市内の小中学校は、明日明後日が入学式なのですが今年は桜の時期が少し早かったようですね。
 
今週は新たな家づくりに向けて地盤調査が入っております。
お引渡しに向けて仕上げ工事が進む現場もあり、OB様宅の自転車置き場兼物置小屋も始まる予定です。
そして月末には上棟も控えております。
 
週の始め、進学進級、新しい現場、お引渡しの現場。
いろいろな始まりと終わり。
何事も気を引き締めてがんばっていきたいと思います!

春の皿には...

おはようございます。

今日は一日とても暖かな日になるようですね。

 

ここのところだいぶ暖かい日が増えてきました。
先日、散策していたら、ふきのとうを見つけました。

ふきのとうは、独特の香りと苦みが特徴の春を代表する食材です。

この暖かさに花木も一斉に芽吹きだし、暦ではなく、目と体で「春」を感じるようになってきましたね。

 

「春の皿には苦味を盛れ」と言うことわざを聞いたことがありますか?
春の苦みを味わう食材といえば山菜です。

山菜はふきのとうを始め、春野菜の菜の花やたけのこ、タラの芽など、苦味やえぐみがあるものが多いですよね。
そういった山菜の苦味が、冬の間に溜まった脂肪や老廃物を排出し、冬の体から春の体へと目覚めさせる手助けとなるのだそうです。
冬眠から目覚めたクマが最初に口にするのもふきのとうだとか...苦味でシャキッと切り替える為でしょうか...

今の時代は、ハウス栽培や流通の向上、気候の変動などで、旬の食べ物があいまいになりがちですが、その季節ごとの旬の食材を食べ、四季を感じる暮らしは素敵だと思います。

 

季節の変わり目、そして新年度へと何かと忙しく体調を崩しやすいかと思います。

この春には「苦み」を味わって、新年度に備えてみてはいかがでしょうか^^


| 1/8PAGES | >>

家守シンボル
スペーサートップページ
スペーサー
スペーサー家守の仕事
スペーサー
スペーサー事例
スペーサー
スペーサー想い
スペーサー
スペーサー日々ブログ
スペーサー
スペーサーメディア
スペーサー
スペーサーお問合せ
スペーサー

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM