軒の役割

今日も青空ですね!

青空と緑に映える栃木の現場から...

 

軒天、キレイに仕上がりました!

軒の役割について。

「軒」は外壁から突き出た屋根の部分のことを言います。同じ役割として「庇」(玄関や窓などの上に取付けられる小さな屋根のこと)があります。

軒や庇は、四季のある日本の風土に合わせ、生み出された知恵と工夫です。
軒があることで、夏の強い日差しを遮り室内に直射日光が入らないようにし、夕立などの急な雨での吹き込みも軽減されます。また、外壁の傷みや汚れから保護する役割もあります。
軒のある家とない家では、その耐用年数にかなりの差が出ると言われています!
そして何より、深い軒は趣きがありますよね。
日本の風土に合った昔からの知恵を今の暮らしにも残していきたいものです。

コメント
コメントする








   

家守シンボル
スペーサートップページ
スペーサー
スペーサー家守の仕事
スペーサー
スペーサー事例
スペーサー
スペーサー想い
スペーサー
スペーサー日々ブログ
スペーサー
スペーサーメディア
スペーサー
スペーサーお問合せ
スペーサー

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM