土台敷き

昨日今日で、土台敷きも終わり...

週明け、いよいよ上棟となります!

 
 

コンクリート打設前に。

昨日の節分は、東北東を向いて恵方巻きにかぶりつき、

やんわりと(片付けが大変なので^^;)豆まきをしました。

 

そして、今日は立春。

暦の上では、春の始まりです。

例年ですとまだまだ寒さ厳しい時ですが、今年の「立春」は暖かな一日のようですね。

今週も頑張っていきます!!!

    

基礎工事が進む海道の現場では、コンクリート打設と順調に工事が進んでいます。

打設前には、地鎮祭の時にお預かりしていた「鎮め物」もしっかりと納めました。

「鎮め物」とは、土地の神様を鎮めるために地中に埋めるもので、工事の安全と建物完成後、お施主様ご家族に安穏と幸福をもたらすと言われる大切なものです。

基礎屋さんと私達もそんな気持ちを込めて、丁寧に埋めました。

  


塗ってます。

昨晩の雪もそれほど積もることなく、今日の晴天にわずかに残った雪も溶け、ひと安心ですね。

 

さて、完成に向けて工事が進む栃木の現場では、左官屋さんが室内塗りに入っています。

家守では珪藻土「MPパウダー」を標準仕様としています。

 

MPパウダーは、珪藻土の含有率も高く、優れた調湿性能で快適な室内環境が実現します。

そして、原料はすべて自然素材。

主成分のメソポア珪藻土、色彩調整に白土(火山灰)、ひび割れを防止するセルロースファイバー(木質繊維・古紙)、固化補助には食品のりと、この4種類のみで作られています。

石油化学品を含まず100%自然素材なので、人にも自然にも優しい塗り材です。

 

四季がある日本において、優れた調湿性能は快適さを保つだけでなく、省エネにも貢献します。

人は湿度が高まればより暑さを感じ、湿度が低いとより寒さを感じるものです。

湿度を快適にコントロールするMPパウダーが暑さ寒さをやわらげてくれるので、機械に頼り過ぎない暮らしにつながるのです。

 

住む人にとって、住み継いでいける家にとって、住み続ける環境にとって...

安心安全である素材を選び、こだわっています。

 

そしてそして!

今回、お客様のご厚意により、見学会予定しています!

お施主様の協力のもと、楽しい見学会になる予定です。

ワクワクしながら準備します^^

 


うちの戦力!

冬の楽しみである薪ストーブ。

炎を眺めながらゆったりとした時間とじんわりと芯まで届く暖かさは格別です。

薪を集める大変さはありますが、エアコンや石油ストーブとは比べものにならない魅力があります。

 

薪割りも子供と一緒に楽しみながらやってます。

黙々と一人で薪割りも効率よく進むのですが、つまらない...子供とこうして過ごすのも良い時間となっています。

斧を振るのはまだできませんが、ゴムハンマーでたたいてみたり、割った薪木を集めたりと、うちの小さな戦力として一生懸命お手伝いしてくれています!

 

火を入れると家族が自然と周りに集まります。

家全体がじんわりと暖まっていき、焼き芋や煮込み料理など炎のある生活を楽しみながら気持ちまで温かくなるような気がします^^

 


検査終わりました

カラカラ天気が続く毎日...

学校ではインフルエンザが猛威を振るっていて、学級休業が相次いでいるようです。

うがい手洗いを徹底して、予防するのみですね!

 

さて、現場は着々と進んでおります。

基礎工事が進む宇都宮の現場では、先日配筋検査が行われました。

 

この検査は、定められた鉄筋の太さや適正な間隔で組まれているかなどをみます。

コンクリートを打設してしまうと、見えなくなってしまう部分ですのでその前にしっかりと検査してもらいます。

 

今回も問題なく無事に終えました!

 


<< | 2/79PAGES | >>